インターアーク ホーム

NetCure

ホーム > プロダクト > NetCure

NetCureは、ビジネスインフラの監視及びサービスを保全するソリューションです。
あらゆる規模の企業やサービスプロバイダに柔軟に対応することができます。
エンドtoエンド間に起こる障害やアプリケーション、システム、サーバーとネットワークの
パフォーマンス監視に対して機能を提供します。

リアルタイムでのイベントコリレーション技術及び、高度な根本原因の分析・診断能力によって、
ビジネスインフラにおける問題を明確化し、診断。解決に要する時間を大幅に削減可能です。
さらに、アプリケーションとネットワークにおける潜在的なパフォーマンスの劣化を先を見越して特定。
ビジネスサービスが重大な影響を受ける前に、自動で管理者に通知、または補正のためのアクションを
引き起こすことができます。

 markRocket Software NetCure

NetCureの各機能 

NetCureは様々な機能をもっています。

ネットワーク構成を正確かつ迅速にオートディスカバリー

複数ネットワークレイヤーに対し知的オートディスカバリーを行うNetCureのエンジンは特許を取得しており、
正確かつ迅速にアプリケーションやサーバー、ルータやスイッチ等のネットワーク機器をディスカバリーします。
また、ルータ、スイッチ、ポート、インターフェース等の物理的なものから、VLAN構成等の論理的なものを含めた
ネットワーク構成をディスカバリーすることができ、ビジネスインフラの精密な構成を確認することができます。

継続的な監視により、インフラ環境の変化を見つけ、自動でそのネットワーク構成図を更新。
一貫性と正確性を保てます。また、前回のディスカバリー後に新しい機器が追加された場合や
装置/ポートの状態に変化があった場合、自動的にIT管理者に対し警戒を促すことも可能です。

ディスカバリーイメージ
NetCure オートディスカバリー

▲ ページTOPへ 

マルチレイヤトポロジービューア

NetCureの高度な領域ブラウザーでは、ディスカバリーしたネットワークの構成図を閲覧して、WAN表示から、
レイヤ2表示、ネットワークに障害が発生している正確な位置等、複数のレベルでの表示が可能です。

  • レイヤ2接続
  • VLAN概略図
  • アプリケーション関係図
  • スイッチ、ソフトウェアをインストールしたVOIP電話機
トポロジービューア
NetCure トポロジービューア

▲ ページTOPへ 

イベント管理機能とコリレーション

NetCureの分散型イベント管理体系により、イベントを中央部や周辺部に集中させたり、
分散させたりすることができます。また、正規化及び統合させることもできます。

ネットワーク内の対象にイベントを関連付けることによって、NetCureは正確かつリアルタイムに、
イベントとその影響を受けた構成要素やサービスや顧客を相互に関連付けることができます。
NetCureは、顧客やビジネスのプライオリティーによって自動的にイベントを確認することもできます。

▲ ページTOPへ 

高度な根本原因分析機能

NetCureの高度な分析エンジンは、速く、そして正確に、問題の原因や発生したイベントの
意味を正確に提示します。そしてコリレーションエンジンは、ディスカバリーで見つかった
アプリケーションとネットワークのトポロジー情報を使い、リアルタイムにイベントを相互に関連付け、
正確にネットワークまたはアプリケーション故障の根本の原因を特定します。
たとえば、利用できないポートやインターフェース、アプリケーション故障により利用できない特定の
プロセス等を通知します。
NetCureの根本原因の分析機能を使用すると、トラブルシューティングと原因の特定にかかる
時間を短縮することができ、大幅なコスト削減ができます。

▲ ページTOPへ 

ビルトイン診断ライブラリ

根本的原因の分析機能と一緒に動作する、NetCureのビルトイン診断ライブラリによって、
アプリケーションやネットワークのトラブルシューティングをより簡単に行うことができます。

独自の診断ライブラリを使用する、主なアプリケーションとネットワーク技術
ネットワーク技術 IP、VOIP、フレームリレー、ATM
データベース Oracle、MS SQL、DB2
サーバ IIS、MSExchange、Domino、Apache、Tomcat、
BEA WebLogic、IBM WebSphere

▲ ページTOPへ 

統合化されたイベントビューア

NetCureのメッセージブラウザーのアラート表示やサービス表示により、オペレーターはメッセージを
簡単に閲覧でき、迅速な対応が可能となります。また、様々なイベントをタイプ毎にフィルタリング可能です。

メッセージブラウザー
NetCure メッセージブラウザー

▲ ページTOPへ 

リアルタイムかつ一歩先を見越した監視機能

NetCureの監視機能はパフォーマンスの劣化を先を見越して監視し、アプリケーション、サーバー、
ネットワーク等のパフォーマンスが低下し、サービス障害を引き起こす前に判断してくれます。
閾値違反が起った場合には自動的に警報をあげ、自動で様々な動作をさせることもできます。
また、トレンドチャートのようなリアルタイムレポートによって、更なる分析や問題のトラブルシューティング、
緊急時の計画を立てることができます。

▲ ページTOPへ 

インシデント対応と通知をベースにしたオートメーションポリシー

管理体系に基づくNetCureのポリシーにより、ユーザーはイベントに適したアクション定義することができます。
これらのアクションには、電子メールやポケベルへ通知する簡単なものから、トラブルチケットの開始や終了、
プロセスのシャットダウンや再起動等のより複雑なものまで定義することができます。

▲ ページTOPへ 

リアルタイムのヒストリーレポート

NetCureのレポートエンジンは、リアルタイムデータと過去データを一緒に表示します。
リアルタイムパフォーマンスの測定基準には様々なものを設定することができます。

ヒストリーレポートに含まれる内容
トレンドチャート
分布ヒストグラム
トップ表示(上位10台までの稼働率の高い機器やDBの使用率、メーカー毎のエラー発生率等)
ヒストリーレポート
NetCure ヒストリーレポート

▲ ページTOPへ 

OSS/BSS統合

NetCureは、自動的にトラブルチケットをオープン/クローズするために、
他のサードパーティのシステムと統合することができます。
独自のアダプターとカスタマイズ可能なアダプターのセットにより、トポロジー情報、イベント履歴、
ポリシーやその他の構成情報をエクスポートしたり、インポートすることができます。
お客様へ多くの導入実績を持っているHP OpenViewとも簡単に統合可能です。

▲ ページTOPへ 

柔軟な分散調査

NetCureは集中拠点からのネットワーク調査だけでなく、 サーバを複数に分散させリソースを監視することも可能です。調査エージェントは、サーバーから送信されるイベントのフィルタリングや制御を行います。 NetCureでは、選択した構成要素を調査し、より正確なトラブルシューティングと診断のためのより細かい情報を得るために、監視するポーリング周期を短くすることもできます。

▲ ページTOPへ 

NetCureの動作環境

NetCureはWindows及びLinuxで動作します。

Windows版動作環境
OS Windows XP、Windows 2000またはNT4.0
CPU 1GHz
メモリ 512MB以上
ハードディスク容量 300MB以上
グラフィック 1024X768(256色)以上の解像度

Linux版動作環境
OS Sun Solaris 2.6以上、IBM AIX ver5.1、Redhat M、SuSE
CPU 500MHz以上
メモリ 512MB以上
ハードディスク容量 300MB以上
グラフィック 1024X768(256色)以上の解像度

▲ ページTOPへ 

お問い合わせ先 

rcktpd@interark.co.jpまでお問い合わせください。

▲ ページTOPへ 

ホーム | サイトマップ | 個人情報保護方針 | サイトポリシー | お問い合わせ
Copyright(c) 2014, INTER ARK All Rights Reserved.